台山原発の放射性物質漏洩疑惑 日本の原子炉専門家「かなりの燃料が損傷している可能性」【動画】

広東省台山原子力発電所の放射性物質漏洩疑惑の報道を受けて、中共の国家核安全局は6月16日、燃料棒の破損を初めて認めたものの、放射性物質の漏洩については否定しました。 これに対し、東京工業大学先導原子力研究所の特任教授で、原子炉工学博士の奈良林直(ならばやし ただし)氏は、中共の規制当局に真実を明らかにするよう呼びかけています。

奈良林教授は、燃料棒の損傷で大量の希ガスが発生したことから、たとえ大規模な漏洩でなくても、かなりの燃料が損傷している可能性があると考えています。 ***

転載 NTDTVJP


Twitter (96) アメリカ (127) インド (105) スパイ活動 (97) チベット (110) トランプ (188) バイデン (234) バイデン政権 (138) ファーウェイ (HUAWEI) (90) ポンペオ (154) ワクチン (230) 中共 (1317) 中共ウイルス (454) 中共当局 (187) 中国 (1002) 中国企業 (94) 中国共産党 (724) 中国崩壊 (141) 中国当局 (126) 中国経済 (135) 中国製 (95) 人権侵害 (253) 伝統文化 (198) 北京 (91) 南シナ海 (114) 台湾 (404) 新型コロナウイルス (113) 新疆 (92) 新疆ウイグル人 (165) 日本 (320) 法輪功 (212) 法輪功修煉者 (111) 法輪功学習者 (95) 洪水 (157) 災害 (147) 疫病 (108) 米中対立 (121) 米共和党 (82) 米国 (550) 習近平 (418) 臓器狩り (134) 英国 (93) 軍事 (133) 迫害 (133) 香港 (329)

関連記事

コメントを追加