ミャンマーの日系企業 多くは撤退計画なく情勢見極め 国軍と提携解消する企業も【動画】

20210623 ミャンマーの日系企業 多くは撤退計画なく情勢見極め 国軍と提携解消する企業も / 大紀元

中共ウイルスの感染拡大とミャンマー国軍によるクーデターは、ミャンマーで事業を行う外国企業にかなりの影響を与えた。これらを評価するために、2021年4月に在ミャンマー外国商工会議所がアンケート調査を実施した。同調査は匿名で行われ、日系企業を含む外資企業や地元企業、合計372社が回答した。

4月6日に発表された同アンケートの調査報告書によると、ミャンマー政治危機後、日系企業を含め、事業活動や収入を大幅に減少させている企業の割合は高かった。2021年末まで、日系企業の投資計画について尋ねたところ、「わからない」と回答した企業は38%で最も高く、「投資を追加せず、現状維持する(34%)」や「徐々に事業を減少(18%)」、「完全に事業終了」を回答した企業は1%だった … …

転載 大紀元 エポックタイムズ‧ジャパン


Twitter (130) アメリカ (130) ウクライナ (171) チベット (124) トランプ (218) バイデン (288) バイデン政権 (158) ポンペオ (170) ロシア (244) ワクチン (302) 上海 (180) 中共 (2001) 中共ウイルス (529) 中共当局 (295) 中共軍 (121) 中国 (1461) 中国企業 (125) 中国共産党 (920) 中国崩壊 (144) 中国当局 (137) 中国経済 (174) 中国製 (125) 人権侵害 (310) 伝統文化 (216) 北京 (177) 北京五輪 (180) 南シナ海 (133) 台湾 (650) 封鎖 (139) 抗議デモ (126) 新型コロナウイルス (160) 新疆ウイグル人 (204) 日本 (400) 法輪功 (256) 法輪功学習者 (134) 洪水 (168) 災害 (166) 疫病 (134) 米中対立 (125) 米国 (788) 習近平 (655) 臓器狩り (173) 軍事 (201) 迫害 (166) 香港 (418)

関連記事

コメントを追加