【新聞看點】武漢ウイルス研究所に削除された論文が発見された。科学者はコウモリに噛まれたと言った。【動画】

20210619 【新聞看點】武漢ウイルス研究所に削除された論文が発見された。科学者はコウモリに噛まれたと言った / 大紀元

米国のニュースサイト「The National Pulse」 は6月16日、武漢ウイルス実験室が削除した「研究者がコウモリに噛まれた事件についての報告書」を見つけたと報道しました。
記事によると、この武漢実験室は2020年5月から8月にかけて 、「『バット・ウーマン』チームがSARSウイルスの出所を突き止めた」 という文章をウェブサイトから削除しました、この文章の最後に利用可能になったアーカイブ記事は2020年5月5日のものです、文章には武漢研究室の石正麗氏のチームによるコウモリの採取に関する詳細が記されていました。

転載 真実の報道 エポックメディアNEWS


Twitter (114) アメリカ (129) インド (116) ウクライナ (128) チベット (118) トランプ (201) バイデン (262) バイデン政権 (154) ポンペオ (165) ロシア (188) ワクチン (294) 上海 (126) 中共 (1765) 中共ウイルス (520) 中共当局 (274) 中国 (1304) 中国企業 (117) 中国共産党 (873) 中国崩壊 (142) 中国当局 (134) 中国経済 (157) 中国製 (115) 人権侵害 (306) 伝統文化 (213) 北京 (152) 北京五輪 (180) 南シナ海 (133) 台湾 (570) 新型コロナウイルス (157) 新疆ウイグル人 (195) 日本 (379) 法輪功 (243) 法輪功修煉者 (113) 法輪功学習者 (126) 洪水 (159) 災害 (150) 疫病 (125) 米中対立 (123) 米国 (702) 習近平 (553) 臓器狩り (165) 英国 (113) 軍事 (174) 迫害 (159) 香港 (390)

関連記事

コメントを追加