中国、荒川弘氏の10年前作品にバッシング  毛沢東をパロディ化【動画】

20210618 中国、荒川弘氏の10年前作品にバッシング  毛沢東をパロディ化 / 大紀元

中国の愛国主義者らはネット上で、日本漫画家の荒川弘氏が約10年前に発表した作品の中に、毛沢東をパロディ化する内容があるとしてバッシングを強めている。

荒川氏が2010年12月発行した短編コミックシリーズ、「RAIDEN-18(中国語:雷電18号)」の第3話で、中国の元権力者の毛沢東がキョンシーとして描かれ、その額に「勅令トイレはどこにあるか(敕令廁所在哪里呢)」という霊符が貼られている様子だった。2010年当時、一部のメディアが取り上げて話題となった。

転載 真実の報道 エポックメディアNEWS


Twitter (114) アメリカ (129) インド (116) ウクライナ (128) チベット (118) トランプ (202) バイデン (262) バイデン政権 (154) ポンペオ (165) ロシア (189) ワクチン (294) 上海 (127) 中共 (1766) 中共ウイルス (520) 中共当局 (274) 中国 (1306) 中国企業 (117) 中国共産党 (873) 中国崩壊 (142) 中国当局 (134) 中国経済 (157) 中国製 (115) 人権侵害 (306) 伝統文化 (213) 北京 (152) 北京五輪 (180) 南シナ海 (133) 台湾 (570) 新型コロナウイルス (157) 新疆ウイグル人 (195) 日本 (379) 法輪功 (243) 法輪功修煉者 (113) 法輪功学習者 (126) 洪水 (159) 災害 (150) 疫病 (125) 米中対立 (123) 米国 (703) 習近平 (553) 臓器狩り (165) 英国 (113) 軍事 (174) 迫害 (159) 香港 (390)

関連記事

コメントを追加