米国をはじめとする対中同盟が形成されているのか?今回のG7首脳会議はバイデン政権の対中戦略の有効性を検証する最初で最高の機会になる【ニュース解明】【動画】

6月11日から13日にかけて、G7首脳会議は英国で、対面方式で開催され、非加盟国のオーストラリアと韓国も参加することになる。会議後の宣言は、初めて「台湾海峡の安定の重要性」を明言し、中国共産党の台湾への圧力を抑制するための共同の努力、香港と新疆への懸念などにも言及するそうだ。また、一部のメディアは、米側がG7首脳会議でウイルスの発生源の調査を要求する可能性があると報じた。

「感染拡大の下で、米国をはじめとする対中同盟が形成されているのか。今回のG7首脳会議はバイデン政権の対中戦略の有効性を検証する最初で最高の機会になる」 コメンテーター:矢坂明夫・産経新聞台北支局長

転載 FromTokyo·CoolEyes


Twitter (114) アメリカ (129) インド (116) ウクライナ (128) チベット (118) トランプ (201) バイデン (262) バイデン政権 (154) ポンペオ (165) ロシア (188) ワクチン (294) 上海 (126) 中共 (1765) 中共ウイルス (520) 中共当局 (274) 中国 (1304) 中国企業 (117) 中国共産党 (873) 中国崩壊 (142) 中国当局 (134) 中国経済 (157) 中国製 (115) 人権侵害 (306) 伝統文化 (213) 北京 (152) 北京五輪 (180) 南シナ海 (133) 台湾 (570) 新型コロナウイルス (157) 新疆ウイグル人 (195) 日本 (379) 法輪功 (243) 法輪功修煉者 (113) 法輪功学習者 (126) 洪水 (159) 災害 (150) 疫病 (125) 米中対立 (123) 米国 (702) 習近平 (553) 臓器狩り (165) 英国 (113) 軍事 (174) 迫害 (159) 香港 (390)

関連記事

コメントを追加