米政府関係者「中共の臓器狩り問題を米中交渉に盛り込むべき」【動画】

米国際宗教自由委員会(USCIRF)が、2021年の報告書を発表しました。報告書では、中国共産党が未だに法輪功学習者などの「良心の囚人」から臓器の強制摘出を行っていることに言及しています。委員会のゲイリー・バウアー(Gary Bauer)委員は、ますます多くの証拠が中共が臓器狩りを行っていることを証明していると述べ、バイデン政権はこれらの具体的な問題を米中会談に盛り込むよう呼びかけています。このことについて、台湾の立法委員も支持を表明しています。

転載 NTDTVJP


インド (138) ウクライナ (220) コロナウィルス (154) スパイ活動 (165) トランプ (276) バイデン (338) バイデン政権 (161) ポンペオ (173) ロシア (323) ワクチン (317) 上海 (206) 中共 (2716) 中共ウイルス (570) 中共当局 (319) 中共軍 (174) 中国 (1896) 中国企業 (146) 中国共産党 (1172) 中国崩壊 (145) 中国当局 (145) 中国経済 (260) 中国製 (139) 人権侵害 (326) 伝統文化 (232) 北京 (232) 北京五輪 (180) 南シナ海 (146) 台湾 (806) 台湾海峡 (141) 封鎖 (154) 抗議デモ (147) 新型コロナウイルス (193) 新疆ウイグル人 (207) 日本 (488) 法輪功 (310) 法輪功学習者 (173) 洪水 (193) 災害 (187) 疫病 (172) 米国 (904) 習近平 (900) 臓器狩り (226) 軍事 (215) 迫害 (196) 香港 (479)

関連記事

コメントを追加