22年続く中共の残酷な迫害、信念曲げない法輪功学習者【動画】

20210425 22年続く中共の残酷な迫害、信念曲げない法輪功学習者

1999年4月25日。中国共産党当局によって不当に逮捕された法輪功学習者の釈放を求めて、約1万人の法輪功学習者が北京で平和的な陳情を行った。しかし当時の最高権力者であった江沢民は法輪功を敵対視し、同じ年の7月20日、国家機関を総動員して迫害を始めた。数多くの法輪功学習者が逮捕され、拷問され、命を失った。

しかし、残虐な迫害も法輪功学習者たちの信念を揺るがすことはできなかった。逆に世界中の人々が中国共産党の本質を認識し、真実に目覚めた。

2021年4月25日。歴史的な陳情活動から22年経った今も、法輪功学習者は変わらぬ平静さで、真実を世の人に訴えかけている。

転載 大紀元 エポックタイムズ‧ジャパン


Facebook (48) Twitter (64) アメリカ (122) インド (72) スパイ活動 (76) チベット (53) トランプ (170) バイデン (157) バイデン政権 (99) ポンペオ (132) ワクチン (76) 中共 (773) 中共ウイルス (251) 中共当局 (95) 中国 (489) 中国共産党 (446) 中国崩壊 (139) 中国当局 (66) 中国経済 (110) 中国製 (52) 人権侵害 (161) 伝統文化 (107) 共産主義 (52) 南シナ海 (75) 台湾 (185) 抗議デモ (56) 新疆 (50) 新疆ウイグル人 (100) 日本 (156) 民主党 (65) 法輪功 (112) 法輪功修煉者 (72) 法輪功学習者 (52) 洪水 (62) 災害 (64) 疫病 (82) 米中対立 (109) 米共和党 (60) 米国 (293) 習近平 (234) 臓器狩り (91) 英国 (47) 軍事 (82) 迫害 (86) 香港 (204)

関連記事

コメントを追加