薬物リハビリセンターの設立を検討 市民 犯罪の助長を懸念=米サンフランシスコ【動画】

米サンフランシスコのロンドン・ブリード(London Breed)市長は近日、麻薬中毒者のために使用量に関する指導を行うため、薬物リハビリセンターを設立する計画を発表しました。これに対し、地元住民は不満を示し、人々の生活に危険がもたらされるのではないかと懸念しています。 

4月13日、サンフランシスコのブリード市長は、薬物リハビリセンターに関する初歩的な計画を発表し、市内の1076ハワードストリート(1076 Howard Street)にある建物を薬物リハビリセンターとして指定しました。

転載 NTDTVJP


Twitter (65) アメリカ (122) インド (81) スパイ活動 (78) チベット (60) トランプ (174) バイデン (160) バイデン政権 (101) ポンペオ (132) ワクチン (82) 中共 (811) 中共ウイルス (265) 中共当局 (100) 中国 (532) 中国企業 (50) 中国共産党 (459) 中国崩壊 (139) 中国当局 (66) 中国経済 (110) 中国製 (56) 人権侵害 (164) 伝統文化 (125) 共産主義 (53) 南シナ海 (79) 台湾 (192) 抗議デモ (58) 新疆 (55) 新疆ウイグル人 (104) 日本 (161) 民主党 (65) 法輪功 (123) 法輪功修煉者 (79) 法輪功学習者 (52) 洪水 (62) 災害 (64) 疫病 (84) 米中対立 (109) 米共和党 (62) 米国 (314) 習近平 (243) 臓器狩り (93) 英国 (54) 軍事 (89) 迫害 (89) 香港 (208)

関連記事

コメントを追加