中共の同盟相手はどこだ 専門家「歩めば歩むほど道は狭まる」【動画】

バイデン政権とイランが核合意に関する協議の再開を検討するなか、北京当局は先週、イランと25年間の協力提携を結び、米国の対イラン制裁に対抗する姿勢を表しました。

トランプ前大統領は2018年に核合意からの離脱を表明し、イランに対し厳しい制裁を実施して大きな痛手を負わせました。バイデン大統領は就任後、イランがウラン濃縮の停止とこの協議の再開を条件に、核合意に復帰する意向を示しました。

米国、イラン、欧州連合による包括的共同作業計画 (JCPOA:Joint Comprehensive Plan of Action)の会談が、来週ウイーンで行われますが、中国メディアは「中国とロシアのサポートによって、イランの意欲が高まった」「覇権を打ち破る大舞台がもうすぐ上演される」と報じました。

転載 NTDTVJP


Twitter (79) アメリカ (125) インド (95) スパイ活動 (88) チベット (97) トランプ (183) バイデン (195) バイデン政権 (118) ポンペオ (151) ワクチン (156) 中共 (1077) 中共ウイルス (379) 中共当局 (147) 中国 (830) 中国企業 (74) 中国共産党 (623) 中国崩壊 (141) 中国当局 (103) 中国経済 (117) 中国製 (78) 人権侵害 (220) 伝統文化 (177) 共産主義 (70) 北京 (73) 南シナ海 (89) 台湾 (298) 新型コロナウイルス (74) 新疆 (78) 新疆ウイグル人 (147) 日本 (271) 法輪功 (179) 法輪功修煉者 (107) 法輪功学習者 (73) 洪水 (130) 災害 (126) 疫病 (96) 米中対立 (114) 米共和党 (78) 米国 (457) 習近平 (308) 臓器狩り (118) 英国 (76) 軍事 (112) 迫害 (120) 香港 (292)

関連記事

コメントを追加