「香港国安法」施行後、高所得者層の海外移住傾向が高まる【動画】

昨年7月に「香港国家安全維持法」が施行されてから、「東洋の真珠」といわれた香港は輝きを失い、本土化が進んでいます。アンケート調査によると、香港の高所得者ほど海外移住を希望しており、人気の高い欧米諸国に加えて、住宅購入の敷居が低い国にも注目が集まっています。

「香港国家安全維持法」の施行後、香港では再び海外への「移民ラッシュ」が起きています。一方、多くの国が香港市民への優遇政策を打ち出しており、中でも英国、カナダ、豪州が最も人気の高い国となっています。

香港島の中心部にある湾仔(ワンチャイ)で3月27日と28日、「国際移民及び不動産展示会(International Immigration and Property Expo)」が開催されました。主催者が実施したアンケート調査によると、英国への移住希望者が最も多く、回答者の3割以上を占め、次いでカナダ、豪州となっています。また、月収が11万香港ドル(約155万円)以上の高所得者層の移住意向が最も高く、移住予定者の42%を占めています。

転載 NTDTVJP


Twitter (65) アメリカ (122) インド (81) スパイ活動 (78) チベット (60) トランプ (174) バイデン (160) バイデン政権 (101) ポンペオ (132) ワクチン (82) 中共 (811) 中共ウイルス (265) 中共当局 (100) 中国 (532) 中国企業 (50) 中国共産党 (459) 中国崩壊 (139) 中国当局 (66) 中国経済 (110) 中国製 (56) 人権侵害 (164) 伝統文化 (125) 共産主義 (53) 南シナ海 (79) 台湾 (192) 抗議デモ (58) 新疆 (55) 新疆ウイグル人 (104) 日本 (161) 民主党 (65) 法輪功 (123) 法輪功修煉者 (79) 法輪功学習者 (52) 洪水 (62) 災害 (64) 疫病 (84) 米中対立 (109) 米共和党 (62) 米国 (314) 習近平 (243) 臓器狩り (93) 英国 (54) 軍事 (89) 迫害 (89) 香港 (208)

関連記事

コメントを追加