内モンゴルの黄河の堤防沿いに大量の豚の死骸 環境汚染への懸念広がる【動画】

近日、内モンゴル自治区のダラト旗王愛召鎮で、大量の豚の死骸が発見されました。中国の記者が黄河の堤防沿いで渡り鳥を撮影していた際に、複数の箇所で廃棄された豚の死骸を発見し、一部は水に沈んでいました。現地の人々はアフリカ豚熱で死亡したため廃棄されたのではないかと疑っており、環境汚染への懸念が広がっています。

転載 NTDTVJP


インド (138) ウクライナ (221) コロナウィルス (154) スパイ活動 (165) トランプ (276) バイデン (338) バイデン政権 (161) ポンペオ (173) ロシア (325) ワクチン (317) 上海 (206) 中共 (2723) 中共ウイルス (570) 中共当局 (319) 中共軍 (174) 中国 (1902) 中国企業 (147) 中国共産党 (1177) 中国崩壊 (145) 中国当局 (145) 中国経済 (260) 中国製 (140) 人権侵害 (326) 伝統文化 (232) 北京 (232) 北京五輪 (180) 南シナ海 (147) 台湾 (809) 台湾海峡 (142) 封鎖 (154) 抗議デモ (147) 新型コロナウイルス (193) 新疆ウイグル人 (207) 日本 (490) 法輪功 (311) 法輪功学習者 (174) 洪水 (193) 災害 (187) 疫病 (172) 米国 (905) 習近平 (901) 臓器狩り (227) 軍事 (215) 迫害 (196) 香港 (479)

関連記事

コメントを追加