米インド太平洋司令官「中国は6年以内に台湾に侵攻の可能性」【動画】

数年前から続いている中共の軍事的拡大に対し、国際社会が警戒心を強めています。米インド太平洋軍の最高司令官は先日、中共は今や世界の安全保障に対する最大の脅威であり、6年以内に台湾に侵攻する可能性があると指摘しました。

米インド太平洋軍のデービッドソン司令官
「21世紀最大の長期的戦略上の脅威である中国(共)に焦点を当てて述べさせてほしい」

米インド太平洋軍のデービッドソン(Philip S. Davidson)司令官は、今月上旬に上院軍事委員会でインド太平洋地域の情勢を報告しました。デービッドソン司令官は、北京当局による弾道ミサイルをはじめとする先進的武力配備の投入に伴ってアジアのパワーバランスが中共に傾いており、この地域における米国の勢力は基本的には現状維持だと述べています。

転載 NTDTVJP


Twitter (65) アメリカ (122) インド (81) スパイ活動 (78) チベット (60) トランプ (174) バイデン (160) バイデン政権 (100) ポンペオ (132) ワクチン (82) 中共 (807) 中共ウイルス (264) 中共当局 (100) 中国 (528) 中国企業 (50) 中国共産党 (456) 中国崩壊 (139) 中国当局 (66) 中国経済 (110) 中国製 (55) 人権侵害 (164) 伝統文化 (125) 共産主義 (53) 南シナ海 (79) 台湾 (192) 抗議デモ (58) 新疆 (55) 新疆ウイグル人 (104) 日本 (160) 民主党 (65) 法輪功 (123) 法輪功修煉者 (79) 法輪功学習者 (52) 洪水 (62) 災害 (64) 疫病 (84) 米中対立 (109) 米共和党 (62) 米国 (313) 習近平 (242) 臓器狩り (92) 英国 (53) 軍事 (89) 迫害 (89) 香港 (207)

関連記事

コメントを追加