元駐日米国大使「米国はアジアの同盟国と協力して中共に対抗すべき」【動画】

テネシー州の共和党上院議員で元駐日米国大使のウィリアム‧F‧ハガティ氏は、新唐人テレビのインタビューで、アジアにおける中共の脅威について指摘し、米国はアジアの同盟国と協力して中共に対抗すべきだと語りました。

ハガティ議員は、中共南シナ海の航路を支配することで、この地域の航行の自由を脅かしていると分析しました。

転載 NTDTVJP


Twitter (65) アメリカ (122) インド (76) スパイ活動 (77) チベット (59) トランプ (174) バイデン (158) バイデン政権 (99) ポンペオ (132) ワクチン (81) 中共 (797) 中共ウイルス (259) 中共当局 (100) 中国 (518) 中国企業 (49) 中国共産党 (452) 中国崩壊 (139) 中国当局 (66) 中国経済 (110) 中国製 (54) 人権侵害 (163) 伝統文化 (121) 共産主義 (53) 南シナ海 (78) 台湾 (192) 抗議デモ (58) 新疆 (53) 新疆ウイグル人 (102) 日本 (160) 民主党 (65) 法輪功 (119) 法輪功修煉者 (76) 法輪功学習者 (52) 洪水 (62) 災害 (64) 疫病 (83) 米中対立 (109) 米共和党 (61) 米国 (303) 習近平 (241) 臓器狩り (92) 英国 (50) 軍事 (89) 迫害 (87) 香港 (206)

関連記事

コメントを追加