中国でアフリカ豚熱変異種が発生【動画】

2018年に起きたアフリカ豚熱(ASF)の大流行によって、中国の養豚業界は深刻な痛手を被りました。新たに発生した変異種は現在のウイルスよりも感染力が強く、防疫がさらに困難になるほか、豚肉価格の高騰も招いています。

英国のフィナンシャル‧タイムズは3月17日、中国のアフリカ豚熱の感染拡大を抑え込むことができなくなっており、市場は変異ウイルスの発生を非常に懸念しているため、豚の先物価格と子豚の価格が高騰していると報じました。専門家は、新たな変異ウイルスは現在のウイルスよりも感染力が高いと指摘しています。

中国の獣医師の田さん
「世界中のどこにもアフリカ豚熱のワクチンはない。豚熱の場合、発症してしまったら治療は難しい。症状が出てしまったら世界のどこにも治療法がないからだ。そうなったら何をするにもリスクがある。今豚の価格がこんなに高くなったのは当然のことだ」

現在、中国でも他のどの国でもアフリカ豚熱のワクチンの生産や販売、使用を承認していません。今年1月19日に中国農業科学院は豚熱ワクチンの研究開発がすでに臨床3期に入ったと発表しましたが、ワクチンの市場投入の見通しは立っていません。

転載 NTDTVJP


Twitter (65) アメリカ (122) インド (76) スパイ活動 (77) チベット (59) トランプ (174) バイデン (158) バイデン政権 (99) ポンペオ (132) ワクチン (81) 中共 (797) 中共ウイルス (259) 中共当局 (100) 中国 (518) 中国企業 (49) 中国共産党 (452) 中国崩壊 (139) 中国当局 (66) 中国経済 (110) 中国製 (54) 人権侵害 (163) 伝統文化 (121) 共産主義 (53) 南シナ海 (78) 台湾 (192) 抗議デモ (58) 新疆 (53) 新疆ウイグル人 (102) 日本 (160) 民主党 (65) 法輪功 (119) 法輪功修煉者 (76) 法輪功学習者 (52) 洪水 (62) 災害 (64) 疫病 (83) 米中対立 (109) 米共和党 (61) 米国 (303) 習近平 (241) 臓器狩り (92) 英国 (50) 軍事 (89) 迫害 (87) 香港 (206)

関連記事

コメントを追加