不況に加え治安も最悪 シアトルを離れる零細企業【動画】

ワシントン州シアトル市は、中共ウイルスの流行や犯罪の急増などの影響により、経済回復の兆しが見えない状況下にあります。最近、ある中小企業のオーナーが新唐人記者に「市当局は警察の取り締まりを妨害し、混乱を放置している。だからシアトルを離れることにした」と語りました。

以前、シアトルの街は活気にあふれていました。しかし現在、中共ウイルスの流行や犯罪の急増により、店の窓ガラスは板で覆われ、入居者募集の張り紙が貼られている店もあり、哀愁を帯びた雰囲気が漂っています。

自動車修理工場を経営しているマクダーモットさんは、カーテンダーショップのオーナーの一人です。彼はシアトル当局の警察活動を軽視し、警察組織を縮小しようとする姿勢が、21年間営業を続けてきた地元キャピトル·ヒル地区からの撤退を決意させたといいます。

転載 NTDTVJP


Twitter (65) アメリカ (122) インド (76) スパイ活動 (77) チベット (58) トランプ (174) バイデン (158) バイデン政権 (99) ポンペオ (132) ワクチン (81) 中共 (796) 中共ウイルス (258) 中共当局 (100) 中国 (515) 中国企業 (49) 中国共産党 (451) 中国崩壊 (139) 中国当局 (66) 中国経済 (110) 中国製 (54) 人権侵害 (163) 伝統文化 (119) 共産主義 (53) 南シナ海 (78) 台湾 (192) 抗議デモ (58) 新疆 (53) 新疆ウイグル人 (102) 日本 (160) 民主党 (65) 法輪功 (118) 法輪功修煉者 (75) 法輪功学習者 (52) 洪水 (62) 災害 (64) 疫病 (83) 米中対立 (109) 米共和党 (61) 米国 (302) 習近平 (241) 臓器狩り (92) 英国 (50) 軍事 (88) 迫害 (87) 香港 (206)

関連記事

コメントを追加