【遠見快評】ありえない開発スピード怪しい中国ワクチンの謎【動画】

20210314 【遠見快評】ありえない開発スピード怪しい中国ワクチンの謎 / 大紀元

中共ウイルスが武漢で最初に出現したのが2019年12月で、世界で最も早く当該ウイルスの配列を公表されたのは11日だ。しかしシノファーム社は3月には幹部らにワクチン注射を始めていた、つまりウイルスの全ゲノム配列情報を入手してから、わずか2か月でワクチン注射を始めていたでということになる。

転載 真実の報道 エポックメディアNEWS


Twitter (65) アメリカ (122) インド (76) スパイ活動 (77) チベット (59) トランプ (174) バイデン (158) バイデン政権 (99) ポンペオ (132) ワクチン (81) 中共 (797) 中共ウイルス (259) 中共当局 (100) 中国 (518) 中国企業 (49) 中国共産党 (452) 中国崩壊 (139) 中国当局 (66) 中国経済 (110) 中国製 (54) 人権侵害 (163) 伝統文化 (121) 共産主義 (53) 南シナ海 (78) 台湾 (192) 抗議デモ (58) 新疆 (53) 新疆ウイグル人 (102) 日本 (160) 民主党 (65) 法輪功 (119) 法輪功修煉者 (76) 法輪功学習者 (52) 洪水 (62) 災害 (64) 疫病 (83) 米中対立 (109) 米共和党 (61) 米国 (303) 習近平 (241) 臓器狩り (92) 英国 (50) 軍事 (89) 迫害 (87) 香港 (206)

関連記事

コメントを追加