「中共はジェノサイドを実施」米国務省が前政権の認定を支持【動画】

3月9日、米国務省はトランプ政権が中国共産党による新疆ウイグル自治区でのウイグル人に対する迫害をジェノサイド(大量虐殺)と認定した決定への支持を再度表明し、中共に対して責任を追及するため、国際社会からの支持を求め続けるとしています。

米国務省報道官 ネッド‧プライス(Ned Price)氏

「あなたが言ったように、ポンペオ(前)国務長官と彼の後任であるブリンケン国務長官は、新疆ウイグル自治区でジェノサイドが実施されたと判断するに至った。我々はこの判断を確固として支持する。実際今日でさえ、新疆で起きている状況が詳細に説明されている陳述書が提出されている」

プライス報道官は、中共によるウイグル人に対する犯罪をジェノサイドと認定したことは非常に重要な動きであり、現在直面している差し迫った問題だと強調しました。

転載 NTDTVJP


Twitter (65) アメリカ (122) インド (76) スパイ活動 (77) チベット (59) トランプ (174) バイデン (158) バイデン政権 (99) ポンペオ (132) ワクチン (81) 中共 (797) 中共ウイルス (259) 中共当局 (100) 中国 (518) 中国企業 (49) 中国共産党 (452) 中国崩壊 (139) 中国当局 (66) 中国経済 (110) 中国製 (54) 人権侵害 (163) 伝統文化 (121) 共産主義 (53) 南シナ海 (78) 台湾 (192) 抗議デモ (58) 新疆 (53) 新疆ウイグル人 (102) 日本 (160) 民主党 (65) 法輪功 (119) 法輪功修煉者 (76) 法輪功学習者 (52) 洪水 (62) 災害 (64) 疫病 (83) 米中対立 (109) 米共和党 (61) 米国 (303) 習近平 (241) 臓器狩り (92) 英国 (50) 軍事 (89) 迫害 (87) 香港 (206)

関連記事

コメントを追加