ファーウェイが海外シェアを大幅に失う 米国の対ファーウェイ禁止令に一定の効果【動画】

最新データによると、ファーウェイは昨年、海外モバイルネットワーク設備市場でのシェアを大幅に失ったことが分かりました。アナリストは、米国がファーウェイに対して講じた規制措置が影響したと指摘しています。

業界調査会社のデローログループ(Dell’Oro Group)のデータによると、2020年の国際マーケットにおけるファーウェイのモバイル通信設備のシェアは2ポイント減少して約20%まで下がり、同業他社のエリクソンやノキアにも後れを取っています。エリクソンは中国以外の市場で主導的地位を確立して市場シェアを約35%確保しており、ノキアの市場シェアは約25%です。

スマートフォンの販売シェアでも、ファーウェイは一時的に獲得した世界最大のスマートフォンメーカーという肩書を昨年末に失い、5位に転落しました。

デローログループのアナリスト、ステファン‧ポングラッツ氏はウォール‧ストリート‧ジャーナルに対し、「米国政府の努力によってファーウェイの台頭が阻まれた。この努力が影響を及ぼし始めている」と述べています。

これより前、トランプ政権(当時)は国家安全保障上の懸念があるとして、同盟国に対しファーウェイの5G設備を使用しないよう強く要求していました。ポングラッツ氏は、ファーウェイに規制をかけている国や規制の実施を検討中の国は、世界のモバイル設備市場の6割以上を占めており、ここ数年で欧州の通信事業者のうち25社以上が、ファーウェイから別のサプライヤーに切り替えることを選択したと述べています。

転載 NTDTVJP


Twitter (65) アメリカ (122) インド (76) スパイ活動 (77) チベット (58) トランプ (174) バイデン (158) バイデン政権 (99) ポンペオ (132) ワクチン (81) 中共 (796) 中共ウイルス (259) 中共当局 (100) 中国 (516) 中国企業 (49) 中国共産党 (452) 中国崩壊 (139) 中国当局 (66) 中国経済 (110) 中国製 (54) 人権侵害 (163) 伝統文化 (119) 共産主義 (53) 南シナ海 (78) 台湾 (192) 抗議デモ (58) 新疆 (53) 新疆ウイグル人 (102) 日本 (160) 民主党 (65) 法輪功 (119) 法輪功修煉者 (76) 法輪功学習者 (52) 洪水 (62) 災害 (64) 疫病 (83) 米中対立 (109) 米共和党 (61) 米国 (303) 習近平 (241) 臓器狩り (92) 英国 (50) 軍事 (88) 迫害 (87) 香港 (206)

関連記事

コメントを追加