【遠見快評】2027年 中共台湾侵攻説の根拠【動画】

20210311 2027年 中共台湾侵攻説の根拠 / 大紀元

両会では汪洋氏の台湾についての言及があり、台湾に関する中高層のある意図的な取り決めを反映されているだろう。汪氏は“台湾海峡の状況は依然として厳しく複雑であり、リスクと課題は軽視できないが、主動権は常に中国側にある”と主張している。そして、香港メディアはすぐさま「中共は2027年に台湾問題を解決する」とする主張を投げかけた。

転載 真実の報道 エポックメディアNEWS


Twitter (65) アメリカ (122) インド (76) スパイ活動 (77) チベット (59) トランプ (174) バイデン (158) バイデン政権 (99) ポンペオ (132) ワクチン (81) 中共 (797) 中共ウイルス (259) 中共当局 (100) 中国 (518) 中国企業 (49) 中国共産党 (452) 中国崩壊 (139) 中国当局 (66) 中国経済 (110) 中国製 (54) 人権侵害 (163) 伝統文化 (121) 共産主義 (53) 南シナ海 (78) 台湾 (192) 抗議デモ (58) 新疆 (53) 新疆ウイグル人 (102) 日本 (160) 民主党 (65) 法輪功 (119) 法輪功修煉者 (76) 法輪功学習者 (52) 洪水 (62) 災害 (64) 疫病 (83) 米中対立 (109) 米共和党 (61) 米国 (303) 習近平 (241) 臓器狩り (92) 英国 (50) 軍事 (89) 迫害 (87) 香港 (206)

関連記事

コメントを追加