【 遠見快評】中国歴史考察 南京首都の王朝が短命なのは?【動画】

20210308 【 遠見快評】中国歴史考察 南京首都の王朝が短命なのは / 大紀元

中国の歴史には文化的な謎がある。金陵現在の南京は6つの王朝の古都であり、経済と文化が非常に発達し、繁栄していた。しかし、ここに都を定めた三国の東呉は69年しか持たず、東晋だけが100年の節目を超え、102年続きました。他に、南宋は59年、斉は23年、梁は55年、陳は32年と、どの王朝も非常に短かった。実際、清朝末期の太平天国も金陵に都を置いたが、これは最短で11年間しか続かず、現代の中華民国も南京に都を置いてから台湾に移転するまで37年しか経過していない。これは秦の始皇帝が…

転載 真実の報道 エポックメディアNEWS


Twitter (65) アメリカ (122) インド (81) スパイ活動 (78) チベット (60) トランプ (174) バイデン (160) バイデン政権 (100) ポンペオ (132) ワクチン (82) 中共 (807) 中共ウイルス (264) 中共当局 (100) 中国 (528) 中国企業 (50) 中国共産党 (456) 中国崩壊 (139) 中国当局 (66) 中国経済 (110) 中国製 (55) 人権侵害 (164) 伝統文化 (125) 共産主義 (53) 南シナ海 (79) 台湾 (192) 抗議デモ (58) 新疆 (55) 新疆ウイグル人 (104) 日本 (160) 民主党 (65) 法輪功 (123) 法輪功修煉者 (79) 法輪功学習者 (52) 洪水 (62) 災害 (64) 疫病 (84) 米中対立 (109) 米共和党 (62) 米国 (313) 習近平 (242) 臓器狩り (92) 英国 (53) 軍事 (89) 迫害 (89) 香港 (207)

関連記事

コメントを追加