中共臓器移植専門家が不審死 地元住民「建物から飛び降りた」【禁聞】【動画】

中共の臓器移植専門家、臧運金(ぞう‧うんきん)氏が突然死亡した件について、当局は「明らかにしづらい」と口を濁していますが、現地住民は同氏が飛び降り自殺したことを明かしました。生きた人間からの強制臓器摘出に関与したことで同氏は報いを受けたのだろうとの見方もあります。

2月26日、青島大学の肝臓移植専門家、臧運金氏が57歳の若さで死亡しました。青島大学は同氏の死因を公表していませんが、事情通は、同氏の死因は飛び降り自殺だったと明かしています。一方中国メディアは、葬儀担当グループのスタッフ3人に接触したが「わからない」「言いづらい」といった回答を受けたと報じています。

青島大学の通達によると、1964年生まれで米国留学の経験のある臧運金氏は、2014年に青島大学付属医院に入ると臓器移植センターを設立し、青島大学医療グループ副院長や博士課程指導教員などを兼任しました。

また、臧運金氏はこれまでに2600件もの肝臓移植手術を行い、4年連続で中国名医100人の中の肝臓移植手術トップ10にランク入りし、さらに山東省の特任「泰山学者」にも任命されていました。

公開データによると、臧運金氏はさらに山東省や北京にある複数の病院の肝臓移植科の責任者も担当しており、2000年からは同氏が所属する病院の肝臓移植科が、手術の数も質もその地域でトップと言われるようになりました。

地元住民は大紀元に対し「臧運金氏は飛び降り自殺した」「あの日はもともと手術を4件行う予定だった」と明かしています。また別の人物はツイッターに、彼は病院の16階から飛び降りたのだと投稿しています。

中共は1999年7月から法輪功の迫害を開始し、2000年からは大量の法輪功学習者が中共によって不当に逮捕‧収監されるようになりました。それと同じ時期に中共の複数の病院で臓器移植手術の件数が爆発的に増加し始めましたが、臓器の入手先については明らかになっていません。

転載 NTDTVJP


Facebook (44) Twitter (56) アメリカ (119) インド (62) スパイ活動 (76) チベット (45) トランプ (159) バイデン (150) バイデン政権 (91) ポンペオ (127) ワクチン (64) 中共 (706) 中共ウイルス (238) 中共当局 (84) 中国 (425) 中国共産党 (410) 中国崩壊 (139) 中国当局 (59) 中国経済 (109) 中国製 (47) 人権侵害 (149) 伝統文化 (86) 共産主義 (50) 南シナ海 (63) 台湾 (160) 抗議デモ (53) 新型コロナウイルス (45) 新疆 (46) 新疆ウイグル人 (96) 日本 (132) 民主党 (63) 法輪功 (99) 法輪功修煉者 (60) 法輪功学習者 (52) 洪水 (62) 災害 (64) 疫病 (80) 米中対立 (107) 米共和党 (57) 米国 (257) 習近平 (224) 臓器狩り (84) 軍事 (70) 迫害 (81) 香港 (189)

関連記事

コメントを追加