中共のスパイ NSAが開発したコードでサイバー攻撃【動画】

最新報告によると、中共スパイが米国家安全保障局(NSA)が開発したコードを利用し、ハッキングを行っていることが判明しました。

イスラエルに拠点を置くソフトウェア会社は、中共のマルウェア(悪意のあるソフトウェア)のいくつかの特徴は米国家安全保障局(NSA)が開発したものにきわめて類似しており、リークされた設計図から盗まれたものとしか考えられないと述べています。

チェックポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ社の研究者は、中共のマルウェアが2017年にインターネット上でリークされたNSAのコードを使用していると考えています。

2016年及び2017年、謎のハッカー集団がNSAの最も危険なコードをいくつか公開しました。

これにより、サイバー犯罪者や競合国が米国製デジタル侵入ツールを利用できるようになったのです。 世界中で各国政府は、競合国のソフトウェアの セキュリティホール(欠陥)を利用してマルウェアを作っています。

スパイが新たなセキュリティホールを発見する度に、密かにそれを利用するか、競合国や悪意のあるハッカーを制止するべく、強靭措置を講じるのかを決めなければなりません。

この新たな報告は、政府が開発したマルウェアや侵入ツールが、相手に逆利用されかねないことを示しています。

転載 NTDTVJP


Twitter (79) アメリカ (125) インド (95) スパイ活動 (88) チベット (97) トランプ (183) バイデン (195) バイデン政権 (118) ポンペオ (151) ワクチン (156) 中共 (1077) 中共ウイルス (379) 中共当局 (147) 中国 (830) 中国企業 (74) 中国共産党 (623) 中国崩壊 (141) 中国当局 (103) 中国経済 (117) 中国製 (78) 人権侵害 (220) 伝統文化 (177) 共産主義 (70) 北京 (73) 南シナ海 (89) 台湾 (298) 新型コロナウイルス (74) 新疆 (78) 新疆ウイグル人 (147) 日本 (271) 法輪功 (179) 法輪功修煉者 (107) 法輪功学習者 (73) 洪水 (130) 災害 (126) 疫病 (96) 米中対立 (114) 米共和党 (78) 米国 (457) 習近平 (308) 臓器狩り (118) 英国 (76) 軍事 (112) 迫害 (120) 香港 (292)

関連記事

コメントを追加