中印武力衝突の政府発表に疑問を呈した人気ブロガーが当局から逮捕【禁聞】【動画】

昨年6月に中国とインドの国境で深刻な武力衝突が発生しました。インド側は20人が死亡しましたが、中国側の状況は一切明らかにされていませんでした。両国はこのほど紛争地帯からの撤収を開始し、中共の政府系メディアは当時中国軍の兵士4人が死亡したことを初めて報じましたが、この数字には疑問を呈する声もあり、信憑性に疑いを抱いたインターネットの人気ブロガーが逮捕されています。

昨年6月15日夜に、中印国境紛争地域のカルワン渓谷国境地帯で、中国軍とインド軍との間に過去40年で最も深刻な武力衝突が発生しました。インド軍はこの衝突で兵士20人が死亡し76人が負傷したと早々と報じました。

それから8か月後の2月19日になってようやく、中国政府系メディアは中国側の死傷者リストを公開し、大隊長の陳紅軍、兵士の陳祥榕(ちん・しょうよう)、肖思遠(しょう・しえん)、王焯冉(おう・しゃくぜん)の4人が仲間を救助しようとして死亡し、連隊長の祁発宝(き・はつほう)が重傷を負ったと報じています。

武力衝突で死傷者が発生していたことを北京当局が認めたのはこれが初めてです。これまで中共当局はこの件について一切言及せず、衝突の原因はインド側にあるとしたうえで、中国側が「大きな勝利」を収めたと一方的に発表し、民間で流れている情報の打ち消しに躍起になっていました。

転載 NTDTVJP


Twitter (138) インド (138) ウクライナ (216) コロナウィルス (153) スパイ活動 (165) トランプ (269) バイデン (333) バイデン政権 (161) ポンペオ (173) ロシア (318) ワクチン (317) 上海 (206) 中共 (2662) 中共ウイルス (570) 中共当局 (319) 中共軍 (170) 中国 (1862) 中国企業 (144) 中国共産党 (1152) 中国崩壊 (145) 中国当局 (145) 中国経済 (258) 中国製 (139) 人権侵害 (324) 伝統文化 (227) 北京 (231) 北京五輪 (180) 南シナ海 (145) 台湾 (795) 封鎖 (154) 抗議デモ (146) 新型コロナウイルス (192) 新疆ウイグル人 (207) 日本 (483) 法輪功 (306) 法輪功学習者 (169) 洪水 (190) 災害 (186) 疫病 (171) 米国 (888) 習近平 (892) 臓器狩り (225) 軍事 (215) 迫害 (193) 香港 (477)

関連記事

コメントを追加