英 中共による強制臓器摘出の阻止に関する修正案を正式に可決【動画】

英国政府はこのほど、中国共産党による強制臓器摘出の犯罪を阻止するための法律を制定しました。今回の英国政府の動きは国際社会に重要なメッセージを発信しているとされています。

2月11日、英国の「医薬品及び医療機器法案」(Medicines and Medical Devices Bill)の修正案が可決され、正式に成立しました。当法案は、中共による「良心の囚人」から臓器を強制的に摘出する犯罪を阻止し、海外から輸送される人間の組織、臓器及び細胞などの検体を英国の医療業界に流通させないことを目的としています。

「医薬品及び医療機器法」の修正案を提出した英上院議員フィリップ・ハント卿(Lord Hunt of Kings Heath)は、当修正案は英国の人体組織法における不備を補い、英国が臓器狩りの共犯者となることを防ぎ、同時に国際社会にも重要なメッセージを発信していると述べました。

昨年3月、英・ロンドンで開廷された『民衆法廷』では、中国共産党は法輪功学習者を主要とする生きている人から臓器を強制的に摘出する臓器狩りを行っていると裁定されました。民衆法廷の報告書には、独立して検証された証言者による陳述書が添記されています。当裁定により、英国の立法機関が中共による強制臓器摘出の犯罪について大きな注目を集め、広範囲にわたる議論が引き起こされました。

転載NTDTVJP


Facebook (33) Twitter (39) アメリカ (111) インド (52) オーストラリア (39) コロナ変異種 (36) スパイ活動 (70) トランプ (125) バイデン (108) バイデン政権 (38) ファーウェイ (HUAWEI) (36) ポンペオ (105) 中共 (545) 中共ウイルス (197) 中共当局 (62) 中国 (265) 中国人 (36) 中国企業 (38) 中国共産党 (335) 中国崩壊 (138) 中国当局 (38) 中国経済 (104) 人権侵害 (100) 共産主義 (37) 南シナ海 (53) 台湾 (118) 抗議デモ (38) 新型コロナウイルス (38) 新疆ウイグル人 (38) 日本 (65) 民主党 (48) 法輪功 (74) 法輪功修煉者 (38) 法輪功学習者 (52) 洪水 (62) 災害 (63) 疫病 (77) 米中対立 (93) 米共和党 (43) 米国 (167) 習近平 (197) 臓器狩り (51) 軍事 (61) 迫害 (68) 香港 (134)

関連記事

コメントを追加