感染後に味覚・嗅覚障害となった元武漢市民が語る 【動画】

【新唐人NTDTV=米NYに本部を置く衛星テレビ局 https://www.ntdtv.jp/​ 】米ロサンゼルス在住の劉佳鑫(りゅう・かしん)さんは、昨年9月に中国・武漢から逃れ、渡米しました。最近、劉さんは新唐人の取材に応じ、中共ウイルス流行のピーク時に武漢で発生した悲惨な実態について語りました。

昨年9月に米国に渡った元武漢市民の劉佳鑫さんは、最近新唐人の取材を受けました。劉さんは、当局が中共ウイルスの発生地と主張している華南海鮮市場から徒歩10分圏内の場所に住んでいたといいます。劉さんは当初、官製メディアの宣伝を信じて、人から人への感染はしないと信じていましたが、結果的に中共ウイルスに感染してしまったと述べました。

元武漢市民の劉佳鑫さん 「このウイルスは人から人へ感染しないと中共の官制メディアが大々的に報道していた。それで私も警戒心を緩めてしまった。私は人が密集している場所に何回も足を運んだことで、喀血や発熱などの症状が現れ、感染を疑った」

劉さんは病院と居住区の管理事務所の指示が矛盾していたため、結果的に治療を受けられず、命に別状はなかったものの、深刻な嗅覚・味覚障害となってしまったと述べました。

元武漢市民の劉佳鑫さん 「病院では、居住区管理事務所が交付する医療許可書の提出を要求された。管理事務所に行くと、病院の感染確定の診断書が必要だと言われた。やむを得ず、自宅で治療薬を服用してなんとか病状が快復したが、私の味覚と嗅覚は永遠に失われてしまった」

武漢におけるロックダウンの期間中、劉さんはインスタントラーメンで凌ぎ、マスクなどの防護用品も購入できませんでした。当時の武漢市民は、ロックダウンは市民の命を犠牲とする措置であることをよく分かっていましたが、抵抗する力もなく、餓死や飛び降り自殺などの多くの悲劇的な事件が起こったといいます。

転載NTDTVJP


Facebook (33) Twitter (39) アメリカ (111) インド (47) オーストラリア (38) コロナ変異種 (36) スパイ活動 (70) トランプ (116) バイデン (103) ファーウェイ (HUAWEI) (36) ポンペオ (98) ワクチン (33) 中共 (530) 中共ウイルス (195) 中共当局 (59) 中国 (255) 中国人 (34) 中国企業 (38) 中国共産党 (328) 中国崩壊 (138) 中国当局 (36) 中国経済 (103) 人権侵害 (98) 共産主義 (35) 南シナ海 (50) 台湾 (107) 抗議デモ (38) 新型コロナウイルス (34) 新疆ウイグル人 (36) 日本 (63) 民主党 (43) 法輪功 (73) 法輪功修煉者 (37) 法輪功学習者 (52) 洪水 (62) 災害 (63) 疫病 (77) 米中対立 (93) 米共和党 (39) 米国 (155) 習近平 (191) 臓器狩り (50) 軍事 (60) 迫害 (68) 香港 (127)

関連記事

コメントを追加