「麻酔なし!」中共による強制臓器摘出 在米中国人が実名告白【動画】

20210213 「麻酔なし!」中共による強制臓器摘出 在米中国人が実名告白 / ニュース最前線

国際人権団体・法輪功迫害追跡調査国際組織(WTOIFG)は先月、米国在住の中国共産党員の親族が中共による強制臓器摘出の犯罪を実名告発する内容が記録された録音ファイルを公開しました。

中国上海市出身の陸樹恒(りく・じゅこう)氏は2016年10月2日に、海外独立系ラジオ放送局「希望の声(Sound of Hope)」の番組で、人権団体「法輪功迫害追跡調査国際組織」の汪志遠(おうしえん)代表と通話しました。陸氏は2002年に上海に戻った際に、兄夫婦と兄の妻の実姉・周清(しゅうせい)氏とその夫・毛叔平(もう・しゅくへい)氏と食事していたときの会話について話しました。毛氏は上海労働教養所の元副局長兼司法局の副局長で、当時上海市政法委員会の書記で江沢民の甥である呉志明(ご・しめい)と密接な関係にありました。

周清氏と毛叔平氏は、陸樹恒氏に、米国で臓器移植希望者(レシピエント)を紹介できるかどうかと尋ねました。

告発者録音 陸樹恒氏
「私は米国在住なので、私の周りに移植希望者がいないかと聞いてきた。米国では(臓器が)不足しているはずだと言った。私の仕事はリフォーム関係なので、そんな人と知り合うことはないと言ったら、一人でも紹介してくれたら、今の仕事よりはるかに高い収益を得られると話した。具体的に何のことかと聞いたら、彼らは臓器の話だと言い、腎臓だとか、角膜だとか言いだし、肝臓の話もしていた」

周清氏は、臓器移植の成功率を高めるため、麻酔薬を投与せずに施術するが、このような手術を繰り返したら、悪夢を見るようになったと述べました。

転載NTDTVJP


Twitter (138) インド (137) ウクライナ (215) コロナウィルス (152) スパイ活動 (165) トランプ (261) バイデン (327) バイデン政権 (161) ポンペオ (173) ロシア (317) ワクチン (315) 上海 (205) 中共 (2602) 中共ウイルス (568) 中共当局 (315) 中共軍 (164) 中国 (1827) 中国企業 (142) 中国共産党 (1129) 中国崩壊 (145) 中国当局 (143) 中国経済 (250) 人権侵害 (324) 伝統文化 (227) 北京 (231) 北京五輪 (180) 南シナ海 (145) 台湾 (781) 台湾海峡 (136) 封鎖 (154) 抗議デモ (146) 新型コロナウイルス (189) 新疆ウイグル人 (207) 日本 (476) 法輪功 (305) 法輪功学習者 (167) 洪水 (190) 災害 (184) 疫病 (169) 米国 (879) 習近平 (883) 臓器狩り (222) 軍事 (214) 迫害 (191) 香港 (469)

関連記事

コメントを追加