動画サイト投稿者が貧困で死亡 隠匿にやっきになる中共当局【禁聞】【動画】

中共当局が「全国のすべての貧困県が貧困から脱して汚名を返上」と発表したあと、四川省涼山イ族自治州(りょうざん-イぞく-じちしゅう)の動画配信者「墨茶」(ぼくちゃ)さんが貧困と病気によって亡くなりました。官製メディアはその後すぐに「墨茶」さんが犯罪者であるかのような報道を行って、「貧困者の存在」の打ち消しに躍起になっています。あるネットユーザーは、政府系メディアが迅速に対応した理由について、墨茶さんが貧困によって死亡したことが明らかになったら、中国の「小康社会」のイメージが崩れるからだと指摘しています。

昨年3月12日、中共国務院が開催した貧困撲滅に関する記者会見の中で、貧困者扶助弁公室の劉永富(りゅう・えいふく)主任は貧困者とそうでない人を分ける境界線は年収4000元で、衣食の心配がなく、基本的教育が受けられ、医療保障や住居保障などがあることだと発表しました。

昨年11月に四川省政府は、全省の全面的な貧困脱出が実現したと発表しており、今年1月にも中共政府系メディアは中国の貧困県はゼロになったとして、人類の貧困撲滅の歴史における中国の奇跡だと報じました。

しかし、それから2か月も経たずに四川省涼山イ族自治州のゲームライブ配信者「墨茶」さんが貧困と病気のために借家で亡くなったことが明らかになりました。

「墨茶」さんが暮らしていた四川省大涼山(だいりょうざん)地区は中国の貧困地域として知られています。墨茶さんは中国の動画共有サイト・エンターテイメントコンテンツ企業bilibili (ビリビリ、 中国語: 哔哩哔哩 )の投稿者でしたが、健康上の問題によって仕事に就くことができないため、友人の支援でコンピューターを購入し、動画の投稿で生計を立てていました。墨茶さんは2020年2月からbilibiliへの投稿とライブ動画配信を開始し、95本の動画のうち28本がゲームライブ配信編集動画で、残りの67本が自身の日常生活に関するものでした。

転載NTDTVJP


Twitter (65) アメリカ (122) インド (81) スパイ活動 (78) チベット (60) トランプ (174) バイデン (160) バイデン政権 (100) ポンペオ (132) ワクチン (82) 中共 (807) 中共ウイルス (264) 中共当局 (100) 中国 (528) 中国企業 (50) 中国共産党 (456) 中国崩壊 (139) 中国当局 (66) 中国経済 (110) 中国製 (55) 人権侵害 (164) 伝統文化 (125) 共産主義 (53) 南シナ海 (79) 台湾 (192) 抗議デモ (58) 新疆 (55) 新疆ウイグル人 (104) 日本 (160) 民主党 (65) 法輪功 (123) 法輪功修煉者 (79) 法輪功学習者 (52) 洪水 (62) 災害 (64) 疫病 (84) 米中対立 (109) 米共和党 (62) 米国 (313) 習近平 (242) 臓器狩り (92) 英国 (53) 軍事 (89) 迫害 (89) 香港 (207)

関連記事

コメントを追加