【時事縦横】ミャンマーのクーデター米中の反応の違いは【動画】

20210204 【時事縦横】ミャンマーのクーデター米中の反応の違いは / 大紀元

ミャンマーの軍事クーデターを受け、欧米を中心に非難の声明が相次いでいます。国連、欧州連合(EU)、英国、日本、インド、豪州などの国々はほぼ同様の声明を出し、クーデターを非難し、スー・チー氏などの解放と民政復帰を求めた。しかし一方の、中共をはじめとしたミャンマーに近い国々の方は、曖昧な態度をとっている。中国政府はミャンマーの政治情勢について非難表明は避けて「留意」しているとし、全ての当事者に憲法を尊重し、安定を守るよう求めた。聞いていると、これはミャンマー自身の問題だから、自分達できちんと処理するべきだと言っているように聞こえる。

転載真実の報道 エポックメディアNEWS


Twitter (138) インド (137) ウクライナ (215) コロナウィルス (152) スパイ活動 (165) トランプ (262) バイデン (328) バイデン政権 (161) ポンペオ (173) ロシア (317) ワクチン (316) 上海 (205) 中共 (2607) 中共ウイルス (568) 中共当局 (317) 中共軍 (164) 中国 (1835) 中国企業 (143) 中国共産党 (1134) 中国崩壊 (145) 中国当局 (143) 中国経済 (254) 人権侵害 (324) 伝統文化 (227) 北京 (231) 北京五輪 (180) 南シナ海 (145) 台湾 (784) 台湾海峡 (136) 封鎖 (154) 抗議デモ (146) 新型コロナウイルス (189) 新疆ウイグル人 (207) 日本 (477) 法輪功 (305) 法輪功学習者 (167) 洪水 (190) 災害 (185) 疫病 (169) 米国 (881) 習近平 (884) 臓器狩り (222) 軍事 (214) 迫害 (191) 香港 (470)

関連記事

コメントを追加