「選挙に不正があった」ミャンマー軍がクーデター 背後にチラつく中共の影【動画】

2月1日、ミャンマーで突然の軍事クーデターが発生し、アウンサンスーチー氏とウィンミン大統領を含む政府要人が一斉に軍に拘束されました。また、軍は昨年11月に行われたとされる不正総選挙を調査するため、1年の非常事態宣言を発令しました。

現地時間2月1日未明、ミャンマーの実質的な最高権力者であるアウンサンスーチー氏、ウィンミン大統領らが軍に身柄を拘束されました。 与党の国民民主連盟(NLD)はのちにこのことを認めており、また、一部の国会議員や地方閣僚も拘束されました。

ミャンマー軍は後に、軍のテレビで、今回の行動は昨年11月の選挙で行われた大規模な「不正行為」に対処するためのもので、今後はミンスエ副大統領が大統領代行を務め、1年間の非常事態に入り、非常事態が終了した時点で新たな選挙を行うと発表しました。 これは軍事支配への回帰を意味しています。

昨年11月の選挙では、国民民主連盟が圧勝しました。一方、ミャンマー軍は選挙過程で大規模な不正行為が行われ、計860万件の不正事件が発生していると主張しています。また、軍部は選挙管理委員会に最終的な選挙人名簿の公表を要求したものの、拒否されました。ミャンマーの選挙委員会は、総選挙では投票の信憑性に影響を与えるような問題は何も起きなかったと主張しています。

ミャンマーでの軍事クーデターのニュースは国際社会に大きな波紋を呼び、英・仏・米をはじめとする欧米諸国の首脳や国連事務総長がミャンマー軍の行動を非難する発言をしています。

転載NTDTVJP


Twitter (138) インド (137) ウクライナ (215) コロナウィルス (152) スパイ活動 (165) トランプ (262) バイデン (328) バイデン政権 (161) ポンペオ (173) ロシア (317) ワクチン (316) 上海 (205) 中共 (2607) 中共ウイルス (568) 中共当局 (317) 中共軍 (164) 中国 (1835) 中国企業 (143) 中国共産党 (1134) 中国崩壊 (145) 中国当局 (143) 中国経済 (254) 人権侵害 (324) 伝統文化 (227) 北京 (231) 北京五輪 (180) 南シナ海 (145) 台湾 (784) 台湾海峡 (136) 封鎖 (154) 抗議デモ (146) 新型コロナウイルス (189) 新疆ウイグル人 (207) 日本 (477) 法輪功 (305) 法輪功学習者 (167) 洪水 (190) 災害 (185) 疫病 (169) 米国 (881) 習近平 (884) 臓器狩り (222) 軍事 (214) 迫害 (191) 香港 (470)

関連記事

コメントを追加