テキサス州知事 バイデン政権を訴える【動画】

テキサス州知事グレッグ・アボット氏は28日、行政命令に署名し、テキサス州のエネルギー産業を脅かすバイデン政権のあらゆる行動に対し、すべての州政府機関が訴訟を起こすよう指示しました。

テキサス州知事/グレッグ・アボット
「テキサス州は、ワシントンD.C.が仕掛けるあらゆる敵対的な攻撃から石油・ガス産業を守る」

アボット州知事は、バイデン大統領の「グリーンニューディール包括法案」をテキサスの「ジョブ・キラー」と呼び、「テキサス州が米国に提供しているエネルギー自立」を叩き壊す鋼球であると述べています。

アボット州知事の行政命令は「気候変動」に対する戦いという名目で、大統領が取った一連の執行行動、例えばキーストーンXLパイプラインの認可を取消し、パリ協定への復帰、米国領土・領海内における石油・ガス鉱区の、新規リース権の一時停止を受けたものです。

ジョン・ケリー気候変動担当大統領特使は 27日、バイデン大統領はエネルギー産業の労働者に「より良い」職を選択肢として提供したいのだと弁明し、鉱夫の代わりにソーラーパワー技術者になるという例を挙げました。

気候変動担当大統領特使/ジョン・ケリー
「バイデン大統領が意図しているのは、彼らにより良い選択肢を保証することだ。彼らには選択肢がある。彼らはソーラーパネル製造所に就職することができる」

ケリー氏は米国でのソーラーパネル製造は、バイデン大統領のアジェンダ「より良い復興」の一つの焦点だと述べました。これに対して、テキサス州上院議員テッド・クルーズ氏は、Twitterでケリー氏を「門外漢」だと非難しています。

上院議員候補の空軍パイロットは「ソーラーパネルや風車は中国で化石燃料を使って製造され、米国に出荷された」と指摘しています。

テキサス州知事によれば、彼の行政命令はテキサス州および米国のエネルギー需要を満たすべく、懸命に働いているテキサス人から、生活の糧を奪い連邦政府の企てを阻止するものだと指摘しています。

転載NTDTVJP


Twitter (138) インド (137) ウクライナ (215) コロナウィルス (152) スパイ活動 (165) トランプ (262) バイデン (328) バイデン政権 (161) ポンペオ (173) ロシア (317) ワクチン (316) 上海 (205) 中共 (2607) 中共ウイルス (568) 中共当局 (317) 中共軍 (164) 中国 (1835) 中国企業 (143) 中国共産党 (1134) 中国崩壊 (145) 中国当局 (143) 中国経済 (254) 人権侵害 (324) 伝統文化 (227) 北京 (231) 北京五輪 (180) 南シナ海 (145) 台湾 (784) 台湾海峡 (136) 封鎖 (154) 抗議デモ (146) 新型コロナウイルス (189) 新疆ウイグル人 (207) 日本 (477) 法輪功 (305) 法輪功学習者 (167) 洪水 (190) 災害 (185) 疫病 (169) 米国 (881) 習近平 (884) 臓器狩り (222) 軍事 (214) 迫害 (191) 香港 (470)

関連記事

コメントを追加