非常識な感染症対策再び実施ドア溶接で外出禁止=中国【動画】

中国国内で、再び中共ウイルスの感染が拡大しています。中でも河北省は感染状況が最も深刻な地域の一つです。ある住民は、地方政府は昨年湖北省で取られた隔離措置と同じく、外に出られないように家の扉に紙シールを貼りつけるなどの非常識であると思える対策が実施されていると述べています。

1月15日、河北省石家荘市藁城区馬荘村の村民、馬さんは新唐人の取材に対し、「村民の一人が中共ウイルスに感染したたため、村全体に隔離措置が取られ、外出が禁止されている。村ではすでにPCR検査を3回も実施している」と述べました。

村民の馬さんは、村は1月13日から隔離制限が設けられ、いつ解除されるかは不明だと話します。

転載NTDTVJP


Twitter (138) インド (137) ウクライナ (215) コロナウィルス (152) スパイ活動 (165) トランプ (261) バイデン (327) バイデン政権 (161) ポンペオ (173) ロシア (317) ワクチン (315) 上海 (205) 中共 (2602) 中共ウイルス (568) 中共当局 (315) 中共軍 (164) 中国 (1827) 中国企業 (142) 中国共産党 (1129) 中国崩壊 (145) 中国当局 (143) 中国経済 (250) 人権侵害 (324) 伝統文化 (227) 北京 (231) 北京五輪 (180) 南シナ海 (145) 台湾 (781) 台湾海峡 (136) 封鎖 (154) 抗議デモ (146) 新型コロナウイルス (189) 新疆ウイグル人 (207) 日本 (476) 法輪功 (305) 法輪功学習者 (167) 洪水 (190) 災害 (184) 疫病 (169) 米国 (879) 習近平 (883) 臓器狩り (222) 軍事 (214) 迫害 (191) 香港 (469)

関連記事

コメントを追加