米国が機密文書を前倒しで開示 過去3年間のアジア太平洋地域戦略が明らかに【禁聞】【動画】

20210119 米国が機密文書を前倒しで開示 過去3年間のアジア太平洋地域戦略が明らかに / NTDTVJP

米国政府は1月12日に機密文書『インド・太平洋における米国の戦略的枠組み』を公開しました。10ページからなるこの文書には、中国を主な脅威として米国、日本、インド、オーストラリアが連携し、台湾を含む第一列島線(九州から沖縄、台湾、フィリピン、ボルネオ島を結ぶライン)を共同で守り中共軍の拡張を阻止するために講じられた、インド・太平洋地域に対する米国の過去3年間の戦略が詳細に記されています。

1月12日、ホワイトハウスは機密文書『インド・太平洋における米国の戦略的枠組み』を公開しました。この文書は2018年2月に承認・施行され、過去3年間にわたり、インド太平洋地域における米国の国家安全保障に対する包括的な指針とされてきました。

オブライエン大統領補佐官は、この文書の機密指定が解除されたことによって、米国の国民や同盟国などに、米国がインド太平洋地域の自由と開放に長年尽力してきており、今後も続けていくことを理解してもらえるだろうと述べています。

オブライエン大統領補佐官は声明の中で、北京政府はインド太平洋諸国に対する圧力をますます強めており、彼らに中共の「運命共同体」になるよう要求しているとも指摘しています。

この10ページからなるインド太平洋戦略機密文書には、中共を主な安全保障上の脅威であると位置づけており、その次が北朝鮮だと記されています。また米国はオーストラリア、インド、日本と戦略的に連携して、米国を中心とする四つの国からなる安全保障の枠組みを構築すると強調されています。

転載NTDTVJP


インド (138) ウクライナ (221) コロナウィルス (154) スパイ活動 (165) トランプ (276) バイデン (338) バイデン政権 (161) ポンペオ (173) ロシア (325) ワクチン (317) 上海 (206) 中共 (2723) 中共ウイルス (570) 中共当局 (319) 中共軍 (174) 中国 (1902) 中国企業 (147) 中国共産党 (1177) 中国崩壊 (145) 中国当局 (145) 中国経済 (260) 中国製 (140) 人権侵害 (326) 伝統文化 (232) 北京 (232) 北京五輪 (180) 南シナ海 (147) 台湾 (809) 台湾海峡 (142) 封鎖 (154) 抗議デモ (147) 新型コロナウイルス (193) 新疆ウイグル人 (207) 日本 (490) 法輪功 (311) 法輪功学習者 (174) 洪水 (193) 災害 (187) 疫病 (172) 米国 (905) 習近平 (901) 臓器狩り (227) 軍事 (215) 迫害 (196) 香港 (479)

関連記事

コメントを追加