アフガニスタンが中共諜報員10人を逮捕 中国に正式な謝罪を要求【禁聞】【動画】

インドメディアはアフガニスタン外交官と国家安全保障部門高官の発言として、アフガニスタンが先日、中共諜報員10人を逮捕したうえ、このグループが首都カブールでテロ活動を指揮していたと報じました。この件で中共政府は面目をつぶし、アフガニスタンに秘密保持するよう説得を試みたい意向ですが、アフガニスタン政府は中共政府に正式な謝罪を要求しています。

インドの「ヒンドゥスタン・タイムズ」は12月25日、アフガニスタン国家安全保障局が12月10日からスパイ活動への従事とテログループの組織を行った疑いで中国人10人を拘束したと報じました。彼らは中共国家安全部にかかわりがあるグループだとも報じられています。中国人がアフガニスタンで「スパイ罪」で逮捕されるのは初めてのことです。

ヒンドゥスタン・タイムズはカブール反テロ機関高官の話として、拘束された中国人の李陽陽(Li Yangyang)と沙紅(Sha Hong)はテロ組織ハカニ・ネットワークと頻繁に連絡を取り合っていたと報じています。李陽陽は当局による取り調べを受けた際に、アルカイダ、タリバン、そしてアフガニスタンのクナル州とバダクシャン州のウイグル人情報を収集していたことを認めています。

警察は彼らの住居から武器や爆発物などを押収しており、2人を逮捕した後にさらに中国人8人を逮捕しました。

ハカニ・ネットワークはアルカイダやタリバンと密接な関係があり、反アフガン政府、反NATO、反米軍組織として米国の「テロ組織」リストに挙げられていることはよく知られています。

時事評論家の藍述氏は、中共は海外で東トルキスタン独立運動のテロ活動の証拠を見つけたいとしていたが、中共諜報員はアフガニスタンでテロ活動を行っているこれらの組織と接触していたと述べています。

転載NTDTVJP


Twitter (23) アメリカ (83) インド (37) オーストラリア (28) スパイ活動 (62) トランプ大統領 (22) ファーウェイ (HUAWEI) (30) ポンペオ (74) ワクチン (24) 三字経 (22) 三峡ダム (28) 中共 (397) 中共ウイルス (126) 中共スパイ (21) 中共内部抗争 (26) 中共当局 (36) 中国 (171) 中国人 (27) 中国共産党 (279) 中国崩壊 (135) 中国経済 (99) 中国軍 (22) 人権侵害 (78) 個人情報 (24) 共産主義 (24) 北京 (24) 南シナ海 (37) 台湾 (81) 抗議デモ (28) 新型コロナウイルス (22) 日本 (42) 法輪功 (48) 法輪功学習者 (52) 洪水 (62) 災害 (62) 疫病 (67) 米中対立 (93) 米国 (89) 経済制裁 (25) 習近平 (147) 脱党 (23) 臓器狩り (44) 軍事 (47) 迫害 (52) 香港 (102)

関連記事

コメントを追加