【China Inside】オバマ政権下で米情報機関が弱体化【動画】

米国の「フォーリン・ポリシー」誌(Foreign Policy magazine)は最近、過去10年間の中国共産党(中共)による米情報機関や個人への攻撃の内部状況を公開しました。この報告書は、36件以上の現職・元米情報機関及び国家安全保障関係者へのインタビューに基づいています。  

2013年頃、米情報機関は警戒すべきパターンに気付き始めました。米国中央情報局(CIA)の潜入捜査員が、スパイ活動のためにアフリカやヨーロッパ諸国に行きました。するとすぐに中国の情報機関によって捜査員が特定されました。報告書によると、中国の情報機関は、米国CIAの役員が入国審査を通過した後、すぐに監視を始めることがあります。2000年から2010年まで、CIAは中国共産党(中共)の深刻な汚職問題を利用して、中国の役人を工作員として募集していました。

転載大紀元 エポックタイムズ・ジャパン


Twitter (23) アメリカ (83) インド (37) オーストラリア (28) スパイ活動 (62) トランプ大統領 (22) ファーウェイ (HUAWEI) (30) ポンペオ (74) ワクチン (24) 三字経 (22) 三峡ダム (28) 中共 (397) 中共ウイルス (125) 中共スパイ (21) 中共内部抗争 (26) 中共当局 (36) 中国 (171) 中国人 (27) 中国企業 (21) 中国共産党 (279) 中国崩壊 (135) 中国経済 (99) 中国軍 (22) 人権侵害 (78) 個人情報 (24) 共産主義 (24) 北京 (24) 南シナ海 (37) 台湾 (81) 抗議デモ (28) 日本 (42) 法輪功 (48) 法輪功学習者 (52) 洪水 (62) 災害 (62) 疫病 (66) 米中対立 (93) 米国 (89) 経済制裁 (25) 習近平 (147) 脱党 (23) 臓器狩り (44) 軍事 (47) 迫害 (52) 香港 (102)

関連記事

コメントを追加