米国メディア「米中情報戦争の発端はオバマ政権の宥和政策」【禁聞】【動画】

米国の外交政策関連季刊誌『フォーリン・ポリシー』は先日、米中両国の情報部門で過去10年間にわたり繰り広げられてきた情報戦やデータ戦について詳細に報じました。現職及び元米国情報機関と国家安全保障機関の関連職員30人余りに対する取材が行われたことで、この報道は内外から注目を浴びています。

2013年ごろに米国情報部門は、アフリカと欧州に派遣されたCIA諜報員が短時間で中共情報部門から特定されるという驚くべき問題に直面しました。

2020年12月末に米国の外交政策関連季刊誌『フォーリン・ポリシー』は、ある調査報告を掲載しました。2000年から2010年までの間にCIAは中共官僚の腐敗を利用して、中国で情報部員の勧誘と増員を行っていましたが、中共は2010年にCIAの情報ネットワークが軍隊や情報部門に広がっていることに気づきました。

その後、2010年から2012年の2年間の間に、中共はイランが発見して漏洩した、CIAの秘密通信システムのセキュリティホールを利用してCIAの人脈を根こそぎ洗い出し、諜報員数十人を監禁・殺害しました。その後、中共は米連邦政府人事管理局(OPM)にハッキングを行いました。

このハッキングで、2150万人の現職及び元米国高官とその配偶者、および求職者の健康面、住所、雇用状況、指紋、財務データなどを含む詳細な個人情報が漏洩し、大きな影響を与えました。

転載NTDTVJP


Twitter (73) アメリカ (125) インド (88) スパイ活動 (83) チベット (84) トランプ (179) バイデン (184) バイデン政権 (111) ポンペオ (146) ワクチン (124) 中共 (938) 中共ウイルス (335) 中共当局 (127) 中国 (676) 中国企業 (65) 中国共産党 (530) 中国崩壊 (140) 中国当局 (86) 中国経済 (113) 中国製 (72) 人権侵害 (194) 伝統文化 (168) 南シナ海 (83) 台湾 (243) 情報 (64) 抗議デモ (64) 新型コロナウイルス (62) 新疆 (65) 新疆ウイグル人 (130) 日本 (219) 民主党 (66) 法輪功 (147) 法輪功修煉者 (97) 洪水 (65) 災害 (68) 疫病 (88) 米中対立 (114) 米共和党 (69) 米国 (396) 習近平 (273) 臓器狩り (101) 英国 (67) 軍事 (98) 迫害 (100) 香港 (244)

関連記事

コメントを追加