【新聞看点】コロナ変異種が蔓延 北京市順義区は戦時状態【動画】

26日、北京市新型コロナの予防、抑制活動に関する記者会見で、順義区常務副区長、支現偉氏は、25日以降、順義区では中共(コロナ)ウイルスの新規感染者が2人確認され、“全区は戦時状態に入った ”と述べた。北京当局によると、確認された2人の患者が住んでいる地域は「閉鎖されている」とし、現在は主要地域で広範囲のPCR検査を実施しており、検査対象人員は80万人にのぼる。同時に、PCR検査で陽性反応が出た5人が住んでいる団地は閉鎖された。

転載大紀元 エポックタイムズ・ジャパン


Twitter (73) アメリカ (125) インド (88) スパイ活動 (83) チベット (84) トランプ (179) バイデン (184) バイデン政権 (111) ポンペオ (146) ワクチン (124) 中共 (938) 中共ウイルス (335) 中共当局 (127) 中国 (676) 中国企業 (65) 中国共産党 (530) 中国崩壊 (140) 中国当局 (86) 中国経済 (113) 中国製 (72) 人権侵害 (194) 伝統文化 (168) 南シナ海 (83) 台湾 (243) 情報 (64) 抗議デモ (64) 新型コロナウイルス (62) 新疆 (65) 新疆ウイグル人 (130) 日本 (219) 民主党 (66) 法輪功 (147) 法輪功修煉者 (97) 洪水 (65) 災害 (68) 疫病 (88) 米中対立 (114) 米共和党 (69) 米国 (396) 習近平 (273) 臓器狩り (101) 英国 (67) 軍事 (98) 迫害 (100) 香港 (244)

関連記事

コメントを追加