投与後数百人の感染者 中国製コロナワクチンの信頼性に疑問【動画】

ワクチン接種を受けた中国人労働者が、外国で中共ウイルス(COVID-19)に感染したことで、中国製ワクチンの安全性が再び話題になっている。天津電力建設会社の約300人の中国人労働者は、中国を離れる前、シノファームのワクチンを接種していたにもかかわらず、セルビアのパンセボで新型コロナウイルスに感染した。ショーン・リン(Sean Lin)博士は “中国が開発したワクチンはすべて不活化状態で、まだ第3相臨床試験の初期段階であり、ウイルスに対して十分な予防効果があるか結論は出ておらず、非常に危険だ”と語っている

転載大紀元 エポックタイムズ・ジャパン


Twitter (73) アメリカ (125) インド (88) スパイ活動 (83) チベット (84) トランプ (179) バイデン (184) バイデン政権 (111) ポンペオ (146) ワクチン (124) 中共 (938) 中共ウイルス (335) 中共当局 (127) 中国 (676) 中国企業 (65) 中国共産党 (530) 中国崩壊 (140) 中国当局 (86) 中国経済 (113) 中国製 (72) 人権侵害 (194) 伝統文化 (168) 南シナ海 (83) 台湾 (243) 情報 (64) 抗議デモ (64) 新型コロナウイルス (62) 新疆 (65) 新疆ウイグル人 (130) 日本 (219) 民主党 (66) 法輪功 (147) 法輪功修煉者 (97) 洪水 (65) 災害 (68) 疫病 (88) 米中対立 (114) 米共和党 (69) 米国 (396) 習近平 (273) 臓器狩り (101) 英国 (67) 軍事 (98) 迫害 (100) 香港 (244)

関連記事

コメントを追加