反体制派の検閲で起訴された「ズーム」の中国人従業員【動画】

米国の検察官は、天安門事件から31周年を記念するビデオ会議を中止させた疑いとして、中国に拠点を置くズーム社の幹部を提訴した。ブルックリン連邦裁判所は12月18日、米国の通信会社の中国人従業員、靳新江容疑者の逮捕状を発行した。裁判所の書類によると、金容疑者は米国の多国籍通信会社の中国籍の従業員だ。中国共産党(中共)に海外ユーザーのIPアドレスや名前、メールなどの情報を提供し、1989年の天安門事件を記念する5月と6月のビデオ会議を妨害したとして起訴された。

転載大紀元 エポックタイムズ・ジャパン


Twitter (73) アメリカ (125) インド (88) スパイ活動 (83) チベット (84) トランプ (179) バイデン (184) バイデン政権 (111) ポンペオ (146) ワクチン (124) 中共 (938) 中共ウイルス (335) 中共当局 (127) 中国 (676) 中国企業 (65) 中国共産党 (530) 中国崩壊 (140) 中国当局 (86) 中国経済 (113) 中国製 (72) 人権侵害 (194) 伝統文化 (168) 南シナ海 (83) 台湾 (243) 情報 (64) 抗議デモ (64) 新型コロナウイルス (62) 新疆 (65) 新疆ウイグル人 (130) 日本 (219) 民主党 (66) 法輪功 (147) 法輪功修煉者 (97) 洪水 (65) 災害 (68) 疫病 (88) 米中対立 (114) 米共和党 (69) 米国 (396) 習近平 (273) 臓器狩り (101) 英国 (67) 軍事 (98) 迫害 (100) 香港 (244)

関連記事

コメントを追加