【新聞看点】中共に狙われる大手企業の資産 ジャック・マーが最初のターゲット?【動画】

海南航空集団(HNA)の会長の王健氏が旅先のフランスで記念写真を撮ろうと上った高さ15メートルの壁から転落して死亡した。彼の死後、HNAはすぐに国有化された。その背後の真実について多くの人たちは心の中に疑問を持っています。マー氏のIQをもってして、「自分も王氏の二の舞にならない」ことを心配しないでいられるだろうか?だからこそ命を救うために、富の犠牲を捧げざるを得なくなったのではないか?謝田教授は、“中共は今、金が底をつきたため、これらの企業を虎視眈々と狙っている。だからこそ、中共はマー氏を倒す口実を見つけて、彼の企業を国有化しようと企んでいる可能性が非常に高い”と分析している。

転載大紀元 エポックタイムズ・ジャパン


Twitter (73) アメリカ (125) インド (88) スパイ活動 (83) チベット (84) トランプ (179) バイデン (184) バイデン政権 (111) ポンペオ (146) ワクチン (124) 中共 (938) 中共ウイルス (335) 中共当局 (127) 中国 (676) 中国企業 (65) 中国共産党 (530) 中国崩壊 (140) 中国当局 (86) 中国経済 (113) 中国製 (72) 人権侵害 (194) 伝統文化 (168) 南シナ海 (83) 台湾 (243) 情報 (64) 抗議デモ (64) 新型コロナウイルス (62) 新疆 (65) 新疆ウイグル人 (130) 日本 (219) 民主党 (66) 法輪功 (147) 法輪功修煉者 (97) 洪水 (65) 災害 (68) 疫病 (88) 米中対立 (114) 米共和党 (69) 米国 (396) 習近平 (273) 臓器狩り (101) 英国 (67) 軍事 (98) 迫害 (100) 香港 (244)

関連記事

コメントを追加