【米国の思想リーダー】中国にある現代版「 ゲシュタポ」(その3)【動画】

1999年、当時の中国共産党党首だった江沢民は、法輪功を迫害しようとした唯一の人物だった。当時は、国の最高権力機関である政治局の他のメンバーも含めて、誰もそう考えていなかった。 江沢民は法輪功をずっと監視していた。彼が、法輪功を迫害しようとしたのは、3つの理由からだった。まず、とても人気があったこと。2つ目はイデオロギーです。 法輪功は信仰に基づく団体であり、中国の伝統文化に深く根ざしているため、江沢民はこのイデオロギーを脅威と見なしていた。 しかし本質的な理由、そしておそらく最も悲劇的な部分は

転載大紀元 エポックタイムズ・ジャパン


Twitter (73) アメリカ (125) インド (88) スパイ活動 (83) チベット (84) トランプ (179) バイデン (184) バイデン政権 (111) ポンペオ (146) ワクチン (124) 中共 (938) 中共ウイルス (335) 中共当局 (127) 中国 (676) 中国企業 (65) 中国共産党 (530) 中国崩壊 (140) 中国当局 (86) 中国経済 (113) 中国製 (72) 人権侵害 (194) 伝統文化 (168) 南シナ海 (83) 台湾 (243) 情報 (64) 抗議デモ (64) 新型コロナウイルス (62) 新疆 (65) 新疆ウイグル人 (130) 日本 (219) 民主党 (66) 法輪功 (147) 法輪功修煉者 (97) 洪水 (65) 災害 (68) 疫病 (88) 米中対立 (114) 米共和党 (69) 米国 (396) 習近平 (273) 臓器狩り (101) 英国 (67) 軍事 (98) 迫害 (100) 香港 (244)

関連記事

コメントを追加