大卒者の就職難が深刻 中共教育部は西部地域への就職を推奨【動画】

近年、中国の大学卒業者数は毎年最高記録を更新し続け、来年の卒業生の数は900万人を超えると見られています。最近、中国教育部は新しい政策を打ち出し、西部など農村地域へ就職することを推奨しています。これらは、中国に深刻な就職難があることを浮き彫りし、実際は楽観的な経済状況ではないことを示めしています。
中国の大学卒業者数は毎年増加しています。2009年、卒業生の数が630万人に達したとき、中国教育部は大卒者が地方や西部地域へ行くことを推奨しました。来年の卒業生の数は909万人に達すると想定されており、雇用情勢のさらなる悪化が予想されています。

教育部は12月1日に、卒業生の西部地域、末端行政機関などに就職することを推奨し、これらが大学の雇用の評価指標に含まれるとの通知を発表しました。

今年8月、浙江省のある区役所と街道弁事処(かいどうべんじしょ)と呼ばれる都市末端の出張所に採用された全員が清華大学や北京大学の修士、博士であると中国メディアが報道し、論議を引き起こしました。

転載NTDTVJP


Twitter (73) アメリカ (125) インド (88) スパイ活動 (83) チベット (84) トランプ (179) バイデン (184) バイデン政権 (111) ポンペオ (146) ワクチン (124) 中共 (938) 中共ウイルス (335) 中共当局 (127) 中国 (676) 中国企業 (65) 中国共産党 (530) 中国崩壊 (140) 中国当局 (86) 中国経済 (113) 中国製 (72) 人権侵害 (194) 伝統文化 (168) 南シナ海 (83) 台湾 (243) 情報 (64) 抗議デモ (64) 新型コロナウイルス (62) 新疆 (65) 新疆ウイグル人 (130) 日本 (219) 民主党 (66) 法輪功 (147) 法輪功修煉者 (97) 洪水 (65) 災害 (68) 疫病 (88) 米中対立 (114) 米共和党 (69) 米国 (396) 習近平 (273) 臓器狩り (101) 英国 (67) 軍事 (98) 迫害 (100) 香港 (244)

関連記事

コメントを追加