中共の内部文書が暴露 集団虐殺の実態が明らかに【動画】

「エポック・タイムズ」紙は最近、中国当局の極秘文書を入手した。この文書は、中国の司法と公安システムが20年近くもの間、法輪功学習者に対する集団虐殺の罪を犯してきたことを明らかにしている。この文書は、2000年11月30日に最高裁判所、最高検察庁、公安部、国家安全部、司法部の5つの部門が共同で発表した「司法意見」だ。その中には、「すべての政治・法務部門は、当時の党首であった江沢民の重要な指示に必ず従がい、実施しなければならない」と明記され、法輪功学習者の活動に対する様々な告発と処罰がまとめられている。

転載大紀元 エポックタイムズ・ジャパン


Twitter (73) アメリカ (125) インド (88) スパイ活動 (83) チベット (84) トランプ (179) バイデン (184) バイデン政権 (111) ポンペオ (146) ワクチン (124) 中共 (938) 中共ウイルス (335) 中共当局 (127) 中国 (676) 中国企業 (65) 中国共産党 (530) 中国崩壊 (140) 中国当局 (86) 中国経済 (113) 中国製 (72) 人権侵害 (194) 伝統文化 (168) 南シナ海 (83) 台湾 (243) 情報 (64) 抗議デモ (64) 新型コロナウイルス (62) 新疆 (65) 新疆ウイグル人 (130) 日本 (219) 民主党 (66) 法輪功 (147) 法輪功修煉者 (97) 洪水 (65) 災害 (68) 疫病 (88) 米中対立 (114) 米共和党 (69) 米国 (396) 習近平 (273) 臓器狩り (101) 英国 (67) 軍事 (98) 迫害 (100) 香港 (244)

関連記事

コメントを追加