上海で強制立ち退き 60代男性がガスボンベに火をつけて抵抗【動画】

1月29日、#上海 市黄浦区董家渡(こうほく とうかど)第3区画で、#強制立ち退き に抵抗して、退去を拒んでいた男性がガスボンベに火をつけました。爆発で男性は即死し、立ち退き作業員の一部も重度の火傷を負いました。政府が提示した補償金では、近隣で住宅を購入するのは無理だったため、男性は退去を拒んでいました。

ネットユーザが投稿した動画によると、11月29日、上海黄浦区董家渡第3区画には多くの工事車両や作業員が集まりました。強制立ち退きに抵抗して、ある一戸建て住宅の住人がガスボンベに火をつけました。男性はその場で死亡し、強制立ち退き作業員も火傷を負いました。

近隣住民の沈(しん)さんによると、今回強制立ち退きに遭った土地には住民数世帯がまだ残っていましたが、不動産開発会社はすでにマンション販売の看板を立てていたといいます。11月29日、60代のこの男性は強制立ち退きに抵抗してガスボンベに火をつけ、自身が即死したほか、立ち退き作業員の一部も重度の火傷を負いました。事件発生後、死者の家族は行方不明になっているといいます。

転載NTDTVJP


Twitter アメリカ インド スパイ活動 チベット トランプ バイデン バイデン政権 ポンペオ ワクチン 中共 中共ウイルス 中共当局 中国 中国企業 中国共産党 中国崩壊 中国当局 中国経済 中国製 人権侵害 伝統文化 南シナ海 台湾 情報 抗議デモ 新型コロナウイルス 新疆 新疆ウイグル人 日本 民主党 法輪功 法輪功修煉者 洪水 災害 疫病 米中対立 米共和党 米国 習近平 臓器狩り 英国 軍事 迫害 香港

関連記事

コメントを追加