ファーウェイ、売却で制裁を回避できるのか?【動画】

中国の通信機器メーカー・ファーウェイは11月17日、米国の制裁を回避するために、携帯電話ブランドHonorの完全売却を正式に発表しました。しかし、Honorが制裁を逃れる可能性は低いと考えられています。

ファーウェイは11月17日、携帯電話ブランドHonorを、深圳市智信新信息技術へ売却することを正式に発表しました。売却後、ファーウェイはHonorの株を保有しなくなりますが、双方は購入額を公表しませんでした。 技術サイト「huxiao.net」によると、この取引は約400億ドルの価値があります。

9月15日、米商務省は米国企業に対して、半導体をファーウェイに供給することを禁止しました。また、米国の技術を用いて製造した半導体を、ライセンスなしでファーウェイに販売することも許可されていません。ファーウェイのブランドHonorもその影響を受けており、Honorの売却は存続確保のためだと、ファーウェイは認めています。

転載大紀元 エポックタイムズ・ジャパン


アメリカ インド オーストラリア スパイ活動 ファーウェイ (HUAWEI) ポンペオ ワクチン 三字経 三峡ダム 中共 中共ウイルス 中共スパイ 中共内部抗争 中共当局 中国 中国人 中国企業 中国共産党 中国崩壊 中国経済 中国軍 人権侵害 個人情報 共産主義 内モンゴル 北京 南シナ海 台湾 抗議デモ 新疆ウイグル人 日本 法輪功 法輪功学習者 洪水 災害 疫病 米中対立 米国 経済制裁 習近平 脱党 臓器狩り 軍事 迫害 香港

関連記事

コメントを追加