中国の呼吸器専門家「武漢の中共ウイルス重症者死亡率は40%」|武漢肺炎【動画】

中共ウイルスは昨年の年末から中国で猛威をふるっていますが、被害が最も深刻な武漢市の感染者数と死亡者数はずっと外部から疑問視されていました。中国の呼吸器専門家の鍾南山(しょうなんざん)氏は11月20日、武漢地区の重症患者の死亡率は40%に達していると明かしました。

11月20日、鍾南山氏は中国生物製品年次総会(CBioPC)で、中共肺炎による重症者の死亡率が非常に高く、全国の1.4%〜4.5%に比べ、武漢地区の死亡率は40%に上ると明かしました。

「希望の声」によると、米国のワシントン大学医学部とオハイオ州立大学は、武漢の火葬場から引き渡された遺骨の数量および各種の証跡から、武漢の実際の死亡者数は政府発表の10倍以上に上り、想像を遥かに超えるものであると分析しています。

転載NTDTVJP


Facebook Twitter アメリカ インド スパイ活動 チベット トランプ バイデン バイデン政権 ポンペオ ワクチン 中共 中共ウイルス 中共当局 中国 中国共産党 中国崩壊 中国当局 中国経済 中国製 人権侵害 伝統文化 共産主義 南シナ海 台湾 抗議デモ 新型コロナウイルス 新疆 新疆ウイグル人 日本 民主党 法輪功 法輪功修煉者 法輪功学習者 洪水 災害 疫病 米中対立 米共和党 米国 習近平 臓器狩り 軍事 迫害 香港

関連記事

コメントを追加