史上最悪の犯罪「臓器狩り」を白日の元に! 米国が関連情報を収集中【動画】

【脱党支援センター2020年11月1日】

米国務省の民主主義・人権・労働担当のロバート・デストロ(Robert Destro)次官補は10月16日の記者会見で、現代の奴隷制を止めるための共同努力を呼びかけた。記者から法輪功の迫害に関する質問を受けたデストロ氏は、“米国は中国共産党(以下、中共)による臓器摘出疑惑を検討し、関連する情報の収集を続けている”と述べた。記者会見で、台湾大紀元の記者ケン・ヤン氏は “ポンペオ国務長官とブラウンバック米国際宗教自由大使は、21年間続いた中共による法輪功への迫害について、懸念を表明した。その残虐行為の一つである強制的な臓器摘出に関して、米国務省はこれを阻止するために具体的な措置を講じるのか?”と質問をした。これに対し、デストロ次官補は、“他人の肝臓を盗むほど恐ろしい人権侵害は想像もできなかった、私達は一貫した報告を受けており、実際にその疑惑を調べたが、情報をお持ちの方は、ぜひ連絡をください”と答えた。

転載大紀元 エポックタイムズ・ジャパン


Facebook (47) Twitter (59) アメリカ (120) インド (63) スパイ活動 (76) チベット (47) トランプ (162) バイデン (152) バイデン政権 (96) ポンペオ (131) ワクチン (67) 中共 (727) 中共ウイルス (242) 中共当局 (85) 中国 (440) 中国共産党 (423) 中国崩壊 (139) 中国当局 (65) 中国経済 (109) 中国製 (48) 人権侵害 (153) 伝統文化 (91) 共産主義 (52) 南シナ海 (67) 台湾 (169) 抗議デモ (54) 新型コロナウイルス (45) 新疆 (47) 新疆ウイグル人 (97) 日本 (138) 民主党 (63) 法輪功 (103) 法輪功修煉者 (63) 法輪功学習者 (52) 洪水 (62) 災害 (64) 疫病 (80) 米中対立 (107) 米共和党 (58) 米国 (268) 習近平 (229) 臓器狩り (85) 軍事 (72) 迫害 (82) 香港 (195)

関連記事

コメントを追加