不気味な静けさ? 中国共産党 内憂外患の中の奇妙な五中全会【動画】

【脱党支援センター2020年10月31日】

中国共産党の重要会議である第19期中央委員会第5回全体会議(5中全会)が開催された。しかし党機関紙や国営紙はわずか112字でその開催を報じ、会議の重要性をうかがうことができない。習近平氏が全体会議に活動報告を行い、そのトピックだけでも重要な会議であることは明らかで、特に後継者を含む重要人事も議題にのぼると見られていたため、高い関心が寄せられていた。しかし、官製メディアの報道からは価値ある情報が見当たらなかった。「字数が少ないほど事が重大」というのが中国の官製メディアの特徴だが、今回も裏で何か重大なことが起きたのだろうか。

転載大紀元 エポックタイムズ・ジャパン


FBI (33) TikTok (27) アメリカ (116) アメリカ選挙 (89) インド (36) スキャンダル (46) スパイ活動 (58) トランプ大統領 (410) トランプ政権 (30) ドミニオン集計システム(Dominion Voting System) (27) ハンター (62) バイデン (262) ファーウェイ (HUAWEI) (37) ポンペオ (73) 三峡ダム (30) 不正選挙 (204) 中共 (407) 中共ウイルス (123) 中共内部抗争 (27) 中国 (117) 中国企業 (29) 中国共産党 (257) 中国崩壊 (135) 中国経済 (99) 人権侵害 (64) 個人情報 (29) 南シナ海 (36) 台湾 (88) 抗議デモ (36) 日本 (42) 民主党 (86) 法輪功学習者 (37) 洪水 (62) 災害 (61) 疫病 (59) 米中対立 (115) 米共和党 (44) 米国 (92) 米大統領選 (302) 経済制裁 (26) 習近平 (159) 臓器狩り (41) 軍事 (41) 迫害 (37) 香港 (114)

関連記事

コメントを追加