中国、ロシア、キューバが国連人権理事会理事国に当選 ポンペオ氏、国連を批判【動画】

【脱党支援センター2020年10月28日】

米国のポンペオ国務長官は「国連総会は中国やロシア、キューバなど、忌まわしき人権状況にある国々を再び選出した」との声明を発表した。米国は国連内の改革が欠如していると批判し、2018年に任期半ばで人権理事会から離脱していた。

転載大紀元 エポックタイムズ・ジャパン


Twitter (100) アメリカ (127) インド (107) スパイ活動 (100) チベット (110) トランプ (191) バイデン (245) バイデン政権 (143) ファーウェイ (HUAWEI) (92) ポンペオ (155) ワクチン (251) 中共 (1412) 中共ウイルス (470) 中共当局 (199) 中共軍 (90) 中国 (1073) 中国企業 (103) 中国共産党 (757) 中国崩壊 (141) 中国当局 (128) 中国経済 (139) 中国製 (101) 人権侵害 (262) 伝統文化 (201) 北京 (100) 南シナ海 (122) 台湾 (457) 新型コロナウイルス (118) 新疆 (100) 新疆ウイグル人 (171) 日本 (336) 法輪功 (214) 法輪功修煉者 (111) 法輪功学習者 (99) 洪水 (157) 災害 (147) 疫病 (113) 米中対立 (123) 米国 (585) 習近平 (441) 臓器狩り (145) 英国 (96) 軍事 (140) 迫害 (137) 香港 (346)

関連記事

コメントを追加