フィジーで中共外交官が暴行事件、台湾攻撃への口実作り?【動画】

【脱党支援センター2020年10月26日】

台湾ではいろいろ動きがあります。中共が台湾攻撃に備え、東風17号(超音速弾道ミサイル)を南東沿岸地域に配備したことが明らかになりました。
しかし、中共は武力行使をする前に、好戦的な外交官を派遣しました。
当番組は以下の4つの話題があります。
1、【フィジーの中共外交官による暴力事件】
2、【事実を折り曲げ反論する中共】
3.【 台湾民進党:「ならず者外交」はイメージダウン招くのみ】
4、【台湾問題は「未来の形を決める」】

転載大紀元 エポックタイムズ・ジャパン


Facebook (44) Twitter (56) アメリカ (119) インド (62) スパイ活動 (76) チベット (45) トランプ (159) バイデン (150) バイデン政権 (91) ポンペオ (127) ワクチン (64) 中共 (705) 中共ウイルス (238) 中共当局 (84) 中国 (425) 中国共産党 (410) 中国崩壊 (139) 中国当局 (59) 中国経済 (109) 中国製 (47) 人権侵害 (149) 伝統文化 (86) 共産主義 (50) 南シナ海 (63) 台湾 (160) 抗議デモ (53) 新型コロナウイルス (45) 新疆 (46) 新疆ウイグル人 (96) 日本 (132) 民主党 (63) 法輪功 (99) 法輪功修煉者 (60) 法輪功学習者 (52) 洪水 (62) 災害 (64) 疫病 (80) 米中対立 (106) 米共和党 (57) 米国 (257) 習近平 (224) 臓器狩り (84) 軍事 (70) 迫害 (81) 香港 (189)

関連記事

コメントを追加