豪コアラ社 生産の中国移転に反発の声【動画】

【脱党支援センター2020年10月23日】

「現在の情勢において、他のすべてのビジネスはオーストラリア製の製品を宣伝するべきだが、コアラ社はオーストラリアの人々が現在の仕事を継続できるようにすることより、利益を上げるために中国の労働者による奴隷労働を促進することを重視していると思う」。オーストラリアの家具小売店であるコアラ社は、特徴的なマットレスの製作と持続可能性の理念を重視していることで有名ですが、一部の製品の製造を中国に移したことで反発を受けている。

コアラ社はシドニーを拠点とする企業で、オーストラリア製のエシカルで持続可能な寝具を提供し、ソーシャルメディアを通じてミレニアル世代にマーケティングを行い、成功を収めた。この発表を受けて、オーストラリアの人々は同社のFacebookページでこの決定を批判している。

転載大紀元 エポックタイムズ・ジャパン


インド (138) ウクライナ (220) コロナウィルス (154) スパイ活動 (165) トランプ (273) バイデン (336) バイデン政権 (161) ポンペオ (173) ロシア (323) ワクチン (317) 上海 (206) 中共 (2709) 中共ウイルス (570) 中共当局 (319) 中共軍 (172) 中国 (1892) 中国企業 (146) 中国共産党 (1167) 中国崩壊 (145) 中国当局 (145) 中国経済 (260) 中国製 (139) 人権侵害 (326) 伝統文化 (232) 北京 (232) 北京五輪 (180) 南シナ海 (146) 台湾 (803) 台湾海峡 (140) 封鎖 (154) 抗議デモ (147) 新型コロナウイルス (193) 新疆ウイグル人 (207) 日本 (488) 法輪功 (308) 法輪功学習者 (173) 洪水 (193) 災害 (186) 疫病 (172) 米国 (903) 習近平 (899) 臓器狩り (226) 軍事 (215) 迫害 (194) 香港 (478)

関連記事

コメントを追加